分子ロボットVR共創環境

コロナ禍で、遠隔仮想現実(VR)を用いた共創環境への期待が更に増大 しています。NEDO分子ロボットVR共創環境では、AI予測同期制御により、VRで遠隔処理する際に生じるネットワーク遅延を解消し、自然な遠隔VR操作を実現します。同プロジェクトにおいて、分子ロボットVR共創環境を用いて、DNA分子ロボットを用いたナノスケールマニピュレータ(関西大学葛谷明紀研究室)や微小管群ロボット(北海道大学角五彰研究室)の開発を目指します。